関テレ『キメツケ!』にVTR出演しました

8月17日(火)の20時〜20時59分放送の、「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」のお酢の特集にお酢生活研究家として出演しました。

関西圏での放送なので、TVerで観ました!面白い番組ですね!セットがとってもいい!!

夏になるとお酢のさっぱりした料理やドリンクを飲みたくなりますよね。巷で噂のお酢グルメなどを紹介するコーナーで、私のイチオシのお酢を紹介させていただきました。

川添酢造前で撮った写真です。
ゆりやんレトリィバァさんのかわいいナレーションで、ポップに紹介してもらえて嬉しい!!

この回のゲストはかまいたちさんと、峯岸みなみさんです。かまいたちさんとのコラボレーションは実は2回目です。

イチオシのお酢ひとつ目は…
はちみつだけで作っているはちみつ酢です。はちみつ自体がお酢に変わっているので、甘いわけではありませんが、はちみつの風味と優しい甘さがふんわりと口の中に残ります。
はちみつ酢を使ったスペアリブ煮を紹介しました。

そして2つ目のオススメのお酢は…

福岡の庄分酢さんの「美味酢」です。ピクルスや酢のものを作るのにおすすめのお酢です。
蔵の見学にも行ったことがあるのですが、丁寧に作られていて、素晴らしい会社です。
お酢と梅干しの相性、とってもいいです。お酢と梅干しのドレッシング、私はお肉の上に乗せたり、サラダに使ったりしています。

スタジオで、実際のお料理を食べていただきました。

私はスペアリブを!

スペアリブのさっぱり煮

材料

スペアリブ 6個

パプリカ 6個

ゆでたまご 3個

★はちみつ酢 150cc

★醤油 30cc

★水 100cc

★酒 50cc

★砂糖 大さじ2

★にんにく 1かけ

★しょうが 2スライス

作り方

1.スペアリブを熱湯で10分茹でて取り出す。

2.にんにくは2つに切り、しょうがは2スライス、パプリカは半分に切り、種とヘタをとる。

3.鍋に★を全て入れて、スペアリブとゆでたまごを入れる。

4.落し蓋をして、ときどきひっくり返しながら、弱火で30分煮、パプリカを入れてパプリカに火が通ったら出来上がり。

峯岸みなみさんのお父さん特製のパイナップルビネガードリンクも!このドリンク、私も作るんですが、ほんっっとに美味しいです!パイナップルの身を食べた後の皮と芯で美味しく作れますよ!
試食タイム!
はちみつ酢のさっぱりスペアリブ煮の材料を読み上げて、「〜だけで作れます!」といったら…
山内さんが「だけ?だいぶ材料あったでしょ!?。だけ!?」とのご指摘!そうですね、材料、調味料多かったです泣笑 もっとシンプルなレシピ考えます!!!!
山内さんが、お酢をサンラータンに入れてむせる、というくだりが。
以前、「でんじろうのthe実験」という番組で、「サンラータンメンにお酢をかけてむせずに食べる方法」をかまいたちさんが実験されていて、そこで実はコラボさせていただきました。

かまいたちさん、むせさせてしまってすみませんでした!懲りずにサンラータンメン食べてください!ありがとうございました!

かんさい情報ネットtenのお酢特集に出演します。

明日、15日金曜日に、関西で放送される、かんさい情報ネットtenという情報番組に出演します。

お酢の特集の中で、お料理初心者でも、お酢の苦手な人でも、簡単に作れて体に良いお酢料理を紹介します。

今回初めてリモートで自宅から収録させていただきました。

お料理初心者の岩原アナウンサーが、挑戦したお酢料理のお味やいかに!?

ぜひみなさん観て見てください!!

自宅での撮影には、心強いサポーターが(夫です)

キッチンの一区画でリモート収録しました。中はあったかそうな雰囲気ですが、外は長崎数年に一度の大雪の日でした。撮影前には子供と雪合戦しました(笑)

岩原アナ、とても気さくで楽しい方でした!ご一緒できて光栄です!!

長崎ではリアルタイムで観ることはできませんが、かんさい情報ネットtenのサイトから過去の放送が観られるようになっているので、そこで観たいと思います。

もし観てくださった方は、ぜひ感想を教えてください!!

かんさい情報ネットtenのWEBサイト→https://www.ytv.co.jp/ten/

お酢屋が1番作るお酢料理とは

代々お酢屋である川添家で育ったわたしは、毎日のようにお酢料理を食べてきたわけですが、なんの料理が1番多かったかというと、『かけるだけ』というごくシンプルなものです。

材料やレシピを書くのもおこがましいような、ただかけるだけ、です。

焼いたお肉に、かけるだけ。

焼いた魚に、かけるだけ。

揚げた天ぷらに、かけるだけ。

生野菜に、かけるだけ。

挙げたらキリがないですが、ただ、かけるだけ、です。

お酢屋にとって、お酢は、塩と同じくらいシンプルに素材の味を引き出してくれるので、とても使い易いのです。

かけるだけ、とは言いましたが、肉や魚に下味である程度の塩などをしている上で、玄米酢をかけていただきます。

玄米酢はアミノ酸、有機酸がたっぷりなので、かけるだけで素材の旨味を引き出してとっても味わい深くなりますよ。

つい最近の夕食ですが、春巻きに、コチュジャンたれを作ったのですが、結局玄米酢をかけるだけの食べ方が1番美味しかったです。特に脂っこい食事の時にお酢をかけると、後口もさっぱりして、脂の吸収も抑えてくれるので、オススメです。

お酢料理って・・・と気合を入れずに、ただ、かけるだけ、ぜひ気負わずにお酢を食卓で使ってみてください。

お料理動画が観られるようになりました!

約3年前から出演させていただいている、NBC長崎放送の夕方の人気情報番組、あっぷる🍎のお料理コーナーが、Youtubeで観られるようになりました!

毎回緊張しながらですが、楽しくお酢やお味噌を使ったお料理を紹介させていただいています。

基本的に8分間で試食まで終わるコーナーですので、本当に簡単で、ご家庭にあるもので、毎日のお料理に活かしていただけるようなレシピに仕上げています。

11月放送分の『鮭のはちみつ味噌ホイル焼き』です。

レシピはこちら👇👇

過去のあっぷるクッキング動画

過去動画として、「サンラータンスープ」と「角煮風弁当」もYouTubeにアップされています。

ぬたのカプレーゼ

昨日はNBC長崎放送のあっぷるのお料理コーナー、あっぷるクッキングに出演しました。

今回は、あいがも純米酢合わせ味噌を使った「ぬた」を作り、イタリア風サラダにしました。

「ぬた」というと、ねぎを酢味噌につけて食べる料理のことを指す言葉のようです。

わたしが暮らす長崎では、酢味噌のことを「ぬた」と言います。ぬたには、ねぎやわかめ、背切りにした青魚、湯引きしたイカも美味しいですね。

今回は、トマト、モッツァレラチーズ、アボカドにかける、カプレーゼ風サラダをご用意しました。

レシピはこちら

ぬたのカプレーゼ風サラダ

アボカド 1個

トマト(中) 1個

モッツァレラチーズ 1個

イタリアンパセリ 少々

ぬた

あいがも純米酢 60mlみりん 30ml

味噌 50g

砂糖 8g(大さじ1)

作り方

①ぬたの材料を合わせて、すり鉢とすりこぎで混ぜる

②トマト、アボカド、モッツァレラチーズは、5mmくらいの厚さにスライスし、皿に順に重ねながら並べる

③②にぬたをかけ、イタリアンパセリを散らす

酢味噌にチーズ⁉︎アボカド⁉︎と思われるかもしれませんが、味噌との相性は抜群です!

このお料理コーナーの本番中、アボカドが滑ってなかなかお皿に乗らないというハプニングがありましたが、リポーター菊ちゃんの「アボカドの活きがいい」の一言で笑って和やかムードになりました。

今回は、夏に嬉しい、火を使わないメニュー!

そしてオイルも使いません。

ボリュームもたっぷり。

みなさまもぜひ作ってみてください。

ちなみに、ぬたを作るのが面倒くさい、という人には、もうできあがった「ぬた」もありますよ〜🌟

次回の出演予定の日は6月13日です!