関テレ『キメツケ!』にVTR出演しました

8月17日(火)の20時〜20時59分放送の、「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」のお酢の特集にお酢生活研究家として出演しました。

関西圏での放送なので、TVerで観ました!面白い番組ですね!セットがとってもいい!!

夏になるとお酢のさっぱりした料理やドリンクを飲みたくなりますよね。巷で噂のお酢グルメなどを紹介するコーナーで、私のイチオシのお酢を紹介させていただきました。

川添酢造前で撮った写真です。
ゆりやんレトリィバァさんのかわいいナレーションで、ポップに紹介してもらえて嬉しい!!

この回のゲストはかまいたちさんと、峯岸みなみさんです。かまいたちさんとのコラボレーションは実は2回目です。

イチオシのお酢ひとつ目は…
はちみつだけで作っているはちみつ酢です。はちみつ自体がお酢に変わっているので、甘いわけではありませんが、はちみつの風味と優しい甘さがふんわりと口の中に残ります。
はちみつ酢を使ったスペアリブ煮を紹介しました。

そして2つ目のオススメのお酢は…

福岡の庄分酢さんの「美味酢」です。ピクルスや酢のものを作るのにおすすめのお酢です。
蔵の見学にも行ったことがあるのですが、丁寧に作られていて、素晴らしい会社です。
お酢と梅干しの相性、とってもいいです。お酢と梅干しのドレッシング、私はお肉の上に乗せたり、サラダに使ったりしています。

スタジオで、実際のお料理を食べていただきました。

私はスペアリブを!

スペアリブのさっぱり煮

材料

スペアリブ 6個

パプリカ 6個

ゆでたまご 3個

★はちみつ酢 150cc

★醤油 30cc

★水 100cc

★酒 50cc

★砂糖 大さじ2

★にんにく 1かけ

★しょうが 2スライス

作り方

1.スペアリブを熱湯で10分茹でて取り出す。

2.にんにくは2つに切り、しょうがは2スライス、パプリカは半分に切り、種とヘタをとる。

3.鍋に★を全て入れて、スペアリブとゆでたまごを入れる。

4.落し蓋をして、ときどきひっくり返しながら、弱火で30分煮、パプリカを入れてパプリカに火が通ったら出来上がり。

峯岸みなみさんのお父さん特製のパイナップルビネガードリンクも!このドリンク、私も作るんですが、ほんっっとに美味しいです!パイナップルの身を食べた後の皮と芯で美味しく作れますよ!
試食タイム!
はちみつ酢のさっぱりスペアリブ煮の材料を読み上げて、「〜だけで作れます!」といったら…
山内さんが「だけ?だいぶ材料あったでしょ!?。だけ!?」とのご指摘!そうですね、材料、調味料多かったです泣笑 もっとシンプルなレシピ考えます!!!!
山内さんが、お酢をサンラータンに入れてむせる、というくだりが。
以前、「でんじろうのthe実験」という番組で、「サンラータンメンにお酢をかけてむせずに食べる方法」をかまいたちさんが実験されていて、そこで実はコラボさせていただきました。

かまいたちさん、むせさせてしまってすみませんでした!懲りずにサンラータンメン食べてください!ありがとうございました!

糸島の「またいちの塩」へ

糸島の「またいちの塩」へ

先週、糸島の「またいちの塩」様に、川添酢造スタッフ研修として見学に行ってきました。


またいちの塩様では、川添酢造のお酢を使ったコラボ商品を開発したご縁で、お味噌作り教室をさせていただいたり、お酢をショップで販売してくださっていたり、とてもとてもお世話になっています。
わたしたちの生活に欠かせない調味料、塩の製造過程や、糸島という地域に根ざした会社の取り組みを学んできました。

美しいロケーションで、惚れ惚れする海、が仕事場なんて。

またいちの塩様は、20年前から糸島の美しい海の海水を汲み上げて、「立体式塩田」という方法で塩を作っています。
竹を逆さに吊るして、そこに海水を少しずつ流し、時間をかけて少しずつ濃縮させます。10日ほどかけて太陽の光と風にあてられ濃縮した海水を、3日ほどかけて釜で焚きながらさらに濃縮していきます。

10日くらいかけて濃縮していきます。


その頃になると、濃縮された海水の中に溶けきれなくなった塩が現れてきます。
そこでにがりを適度に遠心分離させて、塩を分けていきます。
そのできた塩から、不純物を取り除く、などの丁寧で細かい作業がなされて、ようやく製品の塩が出来上がります。約1ヶ月の工程だそうです。

3日ほど焚きます。

塩は、海水を乾かしさえすればできる、と思っている方も多いと思いますが、乾かすという作業ひとつでも、方法はたくさんあり、そこにこだわりと愛が詰まっています。
またいちの塩様では、薪を使って塩を焚いているのですが、薪の火の保温性が塩の味に関わってくるそうです。ゆっくりと冷めて行く過程でしか現れない味があったり、気温湿度の条件が揃わないと出ない味があったり、工程を変えて、味覚への乗り方を変えたり、自然と共にある塩作りの愛とこだわりが深く伝わってきました。

工場長様が詳しく説明してくださいました。

また、海水を汲み上げる場所もこだわっており、またいちの塩様のとったんがある場所は、素晴らしい自然に育まれたミネラルの多い海を選んでいます。

真ん中が工場長様です。

会社一丸となって、海のビーチクリーンに取り組んでいたり、SDGsに取り組んでいたり、見習うことばかりの素晴らしい生業を見せて頂きました。昔ながらの方法の素晴らしい部分を守り、同時に未来の糸島の自然や暮らしを守るための先進的な取り組みもされていて、感動しました。

とったん小屋から25分くらい離れた場所にある、またいちの塩様のカフェや商店が集まっている「新三郎商店」へ行き、「ごはんやイタル」で食事とデザートなどをお腹いっぱい食べて、新三郎商店で塩プリンなどを買って、帰途につきました。

ごはんやイタル
定食のサラダ
おむすび定食
おむすびの塩気が、米の甘みを引き立てるんですよね。米は甘くなるまで噛む派なので、人一倍食事に時間がかかります。

またいちの塩の皆様、見学させて頂き、本当にありがとうございました。
わたしたちも、愛情と手間ひまかけてこだわりの酢、味噌などを作っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

何気ない食品にも、作り手と作っている場所があります。
作っている人の情熱、作り方のこだわり、作っている地域の光や水や風や土を知れば、さらに味わい深いものになるかもしれません。
商品を手に取った時、その商品の持つストーリーを、ちょっと想像してみませんか?

初めての調味料『山葵油』

初めての調味料『山葵油』

初めての調味料を使うのって、ワクワクしますよね!

わたしは調味料好きなので、とにかく食べてみます。

今日初めて出会った調味料は『山葵油』

おしゃれなデザイン!レトロ感が好みです!
箱も素敵。

この調味料、どこで出会ったかと言うと、川添酢造の商品の納品でお世話になっている、福岡県糸島のまたいちの塩さんで販売されていたので、納品に行った弟にお願いして買ってきてもらったのです。

山葵油は、鳥取県の西河商店さんという会社で作られています。

名峰大山の清流で日々丹精を込めて育てられた上質なわさびを使い、米油で仕立てた調理オイルです。カルパッチョやサラダはもちろん、焼肉や乳製品にも合うとのこと。

さっそく、香りを確かめると、山葵のつんとした香りに、鼻の奥がすっとなりました。

今日はとっても暑い日だったので、ちょっとさっぱりとしたお酢料理が食べたいと、川添酢造の純米酢を使って甘酢だれを作り、豚と茄子の焼き浸しを作りました。そこに山葵油をひとかけ。

コチュジャンや鷹の爪で辛く仕上げるのも好きですが、今日は山葵油を堪能するため、薬味も控えめに。

山葵のつんとする香りが鼻の奥にス〜っと通って、清涼感がまずあるのですが、オイルのこくがしっかりあるので、お酢のさっぱりした味に旨味の奥行きを出してくれていました。とっても美味しかったです!

山葵油の商品についていたパンフレットにとても心に残る言葉が。

「いつか産地に旅したい」

「いつか産地に旅したい」と感じていただけるモノづくり。

今はインターネットを使いポチリで地球の裏側の商品も気軽に買える時代ですが、一つの商品を手に取り、その商品の素晴らしさと作り手の想いに感動した時に、産地へ行ってみて原料に触れたり、その土地の空気を感じてみたり、作り手さんに会って話してみたい、と思います。

そのような商品を作っておられる西河商店さん、産地へ旅をしてみたくなりました。

川添酢造も、雪浦に行ってみたい!と思われるような魅力的な商品を作っていきたいと思いました。

暑い季節になりました…

暑い季節になりました…

前回の投稿から半年…

時が経つのは早いですね。

何も投稿していませんでしたが、元気にお酢の仕事しています!

前回の『クロモジ玄米酢』のテレビ放送の反響が大きく、しばらくは発送でてんてこ舞いでしたが、今は落ち着いています。

クロモジ玄米酢は、甘みなどを入れて飲みやすくしたお酢とは違って、ジュースのようにごくごく飲めるものではありませんが、爽やかな柑橘のような香りと、仄かな甘みでとっても美味しいお酢です。

わたしは、そのまま薄めて飲んだり、お料理に使ったりしていますが、クセがなくて使いやすいです。

合わせ酢を作る時に、これまではお酢、醤油、みりんを調合していましたが、みりんを使う必要がないくらい、甘みと丸みを与えてくれるお酢です。

子どもたちも、美味しいと言って食べてくれます。

健康にいいことも大事ですが、美味しいのはもっと大事だな!と思う今日この頃です。

今週24日(日)放送の『世界一の九州が始まる!』で川添酢造が紹介されます。

今週24日(日)放送の『世界一の九州が始まる!』で川添酢造が紹介されます。

今週末の24日、日曜日の『世界一の九州が始まる!』という番組で、川添酢造が紹介されます。

様々なジャンルでがんばって『世界一‼︎』と誇れるモノを生み出している人や会社を取り上げている、九州全域で放送される番組です。

過去の放送を見ると、私たち川添酢造が紹介されていいんだろうか…と恐縮してしまう素晴らしい職人さんやプロダクツばかり。

川添酢造が今回紹介されるのは、和製ハーブ、クロモジを使った新しいお酢の商品化への取り組みです。商品化に漕ぎ着けるまで、試行錯誤を繰り返し、コロナ禍の中で難航しながらも、ようやく納得のいくお酢ができました。その様子を数カ月かけて長崎の放送局、NBCさまが追ってくださいました。

実際に紹介されるのは、良い意味で、商品化までの一部分を切り取ったものです。お酢作りは半年以上かかりますし、今の川添酢造のお酢の味に至るまでも、初代から研究と研鑽を重ねて120年です。特に、4代目の父の代で、質に徹底的にこだわり、今の川添酢造の土台をしっかりぶれないように作ってくれました。

わたしたち川添酢造の5代目の兄、弟、私は、初代から父まで大事に守ってきたお酢造りを継承し、さらに可能性を広げようとそれぞれの得意分野で努力を重ねています。

仕事の流れと原料の仕入れなど会社全体をまわす兄、

商品の製造責任とネット担当の弟、

お酢料理の啓蒙や出張教室、広報担当の私。

そして父や母をはじめ、一緒に働いてくれるスタッフのみんなに支えられてお酢やお味噌、甘酒などを世に送り出しています。

この放送を観て、クロモジ玄米酢の誕生と川添酢造について知っていただけるととても嬉しいです!

放送は、24日(日)午前10時15分から。

九州圏外の方でも、WEBサイトの方でバックナンバーを観ることができますので、たくさんの方に観てもらえたら嬉しいです!