トマトのサラダ

トマトのサラダ

先日、取材があり、お酢料理を撮影しました。

撮影があった日の夜は、残りの材料を使って夕食となります。

この日は、地元のブランドトマト、大島トマトを買っていたので、大島トマトのサラダ!大好物なんです。

大島トマトは、甘みがぎゅっと詰まった地元のブランドトマト。糖度別にグレードが分かれています、グレードが高いあま〜いトマトも美味しいですが、規格外トマトも瑞々しくてとっても美味しいので、わたしは規格外推しです!

このサラダは、わたしが大学2年生の時に、イタリアのエミリアロマーニャ州の山の小さな田舎の村で、「アグリツーリズモ」という言葉ができたくらいの時にスローフードを学ぶために4週間近く農家のお家にお世話になった時に習った料理をアレンジしています。

そこは自然農で、肥料や農薬などを使わずに野菜作りをしていたからか、採れる野菜の味の濃いこと美味しいこと!

定番の昼食に、このトマトサラダは登場していました。

トマトをスライスして、イタリアンパセリをたっぷりみじん切り。ニンニクをたっぷりみじん切り。そして塩とブラックペッパーを振って、最後にたっぷりの上質なオリーブオイル!

この時はニンニクに抵抗がなかったのですが、今作るとニンニクは日常生活に響きそう…と、みじん切りの玉ねぎに。そして、最後にあいがも純米酢をかけています。イタリアのトマトと比べて、大島トマトは甘いので笑 ちょっと酸味と旨味を足して、最高のお酒の供です!

もちろんイタリアではお供はワインでした。昼も、夜も、ワイン。当時、熱波で現地は深刻な水不足で、飲み水どころか皿を洗う水も、シャワーもトイレの水も自由に使えず泣 水の代わりにワインを飲むしかなかったのです!←

美味しそうなトマトを見つけたら、ぜひ作って見てくださいね!

お風呂上がりにフルーツ酢

お風呂上がりにフルーツ酢

熱いお風呂にゆっくり浸かるのが日課です。

お風呂上がりには、お茶を好んで飲むのですが、最近はだんだん寒い日が減ってきたので、フルーツ酢の水割りが美味しくなってきました。

地元のスイートスプリングというみかんと、キウイとりんごとレモンとイチゴが入っています。玄米酢使用。

お酢は体を冷やしますが、お湯割にすると体が温まります。お湯割にする場合は、むせやすいのでお気をつけください。体を温める作用がある、生姜やシナモンを漬けたものが良いでしょう。

川添酢造でのおすすめは83surariの柚子ジンジャーです。冬はお湯割り、夏は炭酸割りが美味しいですよ!

わたしは、フルーツが余ったときに、適当に作るのですが、だいたい、

フルーツ:お酢:砂糖 を 1:1:1 で作れば2週間くらいで美味しく飲めるようになります。出来上がったら早めに飲んでくださいね。

お風呂上がりの読書タイムにお酢。

お風呂上がりにお酢を飲みながら本を読んでいたら、三男から、「お買い物ごっこでママに買ってきた鉱石のブレスレットした!?」と確認され、慌ててつけました笑

保育園で毎年楽しみにしているお買い物ごっこ。今年は、園児が作った梅干しや、ブレスレット、手作りプラバンキーホルダーやコースターなど、可愛いお土産をもらって、ほっこりしてます。

オリジナル財布に書いている「二枚貝捜索」というのは、三男が保育園の砂場で二枚貝の貝殻がちゃんと2枚くっついているものを見つける達人だからです!

さ、読書の続きしようかしら。

「旅色」に記事を書かせていただきました。

「旅色」に記事を書かせていただきました。

「旅色」という大人の女性の旅をナビゲートするwebマガジンに、お酢旅について記事を書かせていただきました。

こちらです→「お酢生活研究家が案内する、九州ご当地の“お酢”旅のススメ」

九州にはたくさんのお酢屋さんがあり、それぞれ特徴があります。

九州は黒酢が有名ですが、黒酢にも味わいの違いがありますし、フルーツとの組み合わせや使いやすい工夫をされていたり、飲みやすい工夫をされていたり、とても勉強になります。

川添酢造でも、飲むお酢の人気が高いです。お酢を料理に使うことが減り、その代わりに、体に良いお酢をドリンクとして飲むことで摂取しよう、という健康志向の方が増えてきたこともあるのでしょう。

お酢料理って、「酢の物しか思いつかない」「酸っぱい料理は苦手で…」という声をよく聞くのですが、お酢ってそんなにハードル高くないのになぁ、と感じます。

お酢屋で育ったわたしが普段どのようにお酢と付き合っているかというと、まず1番は、「かける」

最近ハマっている低温調理で作ったローストポークです。この料理にも、お酢をかけるだけ。塩気が足りなければ、醤油を追加でたらっと。

揚げ物にかける。炒め物にかける。焼いた肉にかける。蒸し野菜にかける。残ってしまった次の日の刺身にかける。醤油を加えることもあれば、オリーブオイルと合わせることもありますが、だいたいそのままのお酢をかけます。

酸っぱくなることを心配されると思いますが、酸っぱくないですよ!ちゃんとじっくりゆっくり醸造されたお酢は、旨味が多く、かけた食材の旨味を引き出してくれます。

わたしは、記事でも紹介しているクロモジ玄米酢を好んでよくかけて食べています。特に脂っこいお肉にはかけるとさっぱりするし旨味もあるし、アラフォーの胃に優しいです笑 クロモジは、日本では古くから鎮静作用が認められ、生薬の「ウショウ(烏樟)」として薬酒などにも使われてきました。玄米酢に漬け込むことで、クロモジのエキスもしっかり体に届けられます。

生薬や和ハーブというとちょっと漢方薬のような匂いがしそうなイメージですが、クロモジは柑橘のような爽やかな香りで、玄米酢特有の匂いを抑えてくれるので、さっぱりとしてとても使いやすく美味しいです。

お酢使いが苦手な方こそ、「かけるだけ」調理、してみませんか?

関テレ『キメツケ!』にVTR出演しました

8月17日(火)の20時〜20時59分放送の、「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」のお酢の特集にお酢生活研究家として出演しました。

関西圏での放送なので、TVerで観ました!面白い番組ですね!セットがとってもいい!!

夏になるとお酢のさっぱりした料理やドリンクを飲みたくなりますよね。巷で噂のお酢グルメなどを紹介するコーナーで、私のイチオシのお酢を紹介させていただきました。

川添酢造前で撮った写真です。
ゆりやんレトリィバァさんのかわいいナレーションで、ポップに紹介してもらえて嬉しい!!

この回のゲストはかまいたちさんと、峯岸みなみさんです。かまいたちさんとのコラボレーションは実は2回目です。

イチオシのお酢ひとつ目は…
はちみつだけで作っているはちみつ酢です。はちみつ自体がお酢に変わっているので、甘いわけではありませんが、はちみつの風味と優しい甘さがふんわりと口の中に残ります。
はちみつ酢を使ったスペアリブ煮を紹介しました。

そして2つ目のオススメのお酢は…

福岡の庄分酢さんの「美味酢」です。ピクルスや酢のものを作るのにおすすめのお酢です。
蔵の見学にも行ったことがあるのですが、丁寧に作られていて、素晴らしい会社です。
お酢と梅干しの相性、とってもいいです。お酢と梅干しのドレッシング、私はお肉の上に乗せたり、サラダに使ったりしています。

スタジオで、実際のお料理を食べていただきました。

私はスペアリブを!

スペアリブのさっぱり煮

材料

スペアリブ 6個

パプリカ 6個

ゆでたまご 3個

★はちみつ酢 150cc

★醤油 30cc

★水 100cc

★酒 50cc

★砂糖 大さじ2

★にんにく 1かけ

★しょうが 2スライス

作り方

1.スペアリブを熱湯で10分茹でて取り出す。

2.にんにくは2つに切り、しょうがは2スライス、パプリカは半分に切り、種とヘタをとる。

3.鍋に★を全て入れて、スペアリブとゆでたまごを入れる。

4.落し蓋をして、ときどきひっくり返しながら、弱火で30分煮、パプリカを入れてパプリカに火が通ったら出来上がり。

峯岸みなみさんのお父さん特製のパイナップルビネガードリンクも!このドリンク、私も作るんですが、ほんっっとに美味しいです!パイナップルの身を食べた後の皮と芯で美味しく作れますよ!
試食タイム!
はちみつ酢のさっぱりスペアリブ煮の材料を読み上げて、「〜だけで作れます!」といったら…
山内さんが「だけ?だいぶ材料あったでしょ!?。だけ!?」とのご指摘!そうですね、材料、調味料多かったです泣笑 もっとシンプルなレシピ考えます!!!!
山内さんが、お酢をサンラータンに入れてむせる、というくだりが。
以前、「でんじろうのthe実験」という番組で、「サンラータンメンにお酢をかけてむせずに食べる方法」をかまいたちさんが実験されていて、そこで実はコラボさせていただきました。

かまいたちさん、むせさせてしまってすみませんでした!懲りずにサンラータンメン食べてください!ありがとうございました!

かんさい情報ネットtenのお酢特集に出演します。

明日、15日金曜日に、関西で放送される、かんさい情報ネットtenという情報番組に出演します。

お酢の特集の中で、お料理初心者でも、お酢の苦手な人でも、簡単に作れて体に良いお酢料理を紹介します。

今回初めてリモートで自宅から収録させていただきました。

お料理初心者の岩原アナウンサーが、挑戦したお酢料理のお味やいかに!?

ぜひみなさん観て見てください!!

自宅での撮影には、心強いサポーターが(夫です)

キッチンの一区画でリモート収録しました。中はあったかそうな雰囲気ですが、外は長崎数年に一度の大雪の日でした。撮影前には子供と雪合戦しました(笑)

岩原アナ、とても気さくで楽しい方でした!ご一緒できて光栄です!!

長崎ではリアルタイムで観ることはできませんが、かんさい情報ネットtenのサイトから過去の放送が観られるようになっているので、そこで観たいと思います。

もし観てくださった方は、ぜひ感想を教えてください!!

かんさい情報ネットtenのWEBサイト→https://www.ytv.co.jp/ten/