お料理コーナー出演『ささみときゅうりの香味だれ』

お料理コーナー出演『ささみときゅうりの香味だれ』

定期的に出演している、NBC長崎放送 の夕方の情報番組Pintのお料理コーナー「ピントレシピ」に6月2日に出演したレシピのご紹介です。

『ささみときゅうりの香味だれ』柔らかいささみと、シャキシャキのきゅうり、ピリ辛うまっ!の香味だれが食欲をそそりますよ〜!

ぜひご覧ください!ささみの柔らかい茹で方!これでサラダも美味しいですよ〜!

『家の光』7月号に掲載されました。

『家の光』7月号に掲載されました。

JAグループが発行するファミリーマガジン『家の光』に、お酢生活研究家として、お酢のコーナーに紹介をしていただきました。

扉絵は檀れいさん!お美しい!!
ふるさとダイアリーというコーナーで、川添酢造のお酢蔵が扉絵になっています。お酢を混ぜているのは弟です。
川添酢造のお酢の話や、クロモジ黒酢を紹介しています。
全国のこだわりのお酢についても紹介しています!
なんと!プレゼントにもクロモジが!

家の光の雑誌は、とても内容が充実していて面白く、隅々まで楽しく読ませていただきました!その中で数ページに渡って紹介してくださって、光栄です。

発行されてから、全国のたくさんの方から、「見たよ!」「出ててびっくりした!」「すごいね!」と連絡をいただき、褒めていただき(笑)、改めて家の光さまの購読層の厚さに驚きました。

取材をしてくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。

これから夏本番!お酢の力で元気に乗り切りましょう!

子どもと一緒に手巻き寿司はいかが?

子どもと一緒に手巻き寿司はいかが?

我が家は手巻き寿司が大好きです!

美味しいすし飯に、さまざまな具材、パリパリの海苔で手巻きパーティーは、6合のご飯を食べきってしまうほどです。

一方で、手巻き寿司って作るのが面倒くさいと感じている方も多いのでは。具材も豪華なものをなかなか買えないし…。

いやいや、そんなことはないんですよ!豪華な具はなくたって、あるものを使って十分楽しめますよ〜!

手巻き用海苔と、すし酢を常備していれば、思い立った時にある具材で作りましょう!

さて、簡単にできる基本的な手巻き寿司の作り方をご紹介。

NBCの夕方の情報番組Pintで紹介した動画です。

ピントレシピの情報がこちら

材料(2人分)

米 2合

すし酢 60ml

手巻き用海苔 10枚くらい

(刺身巻き)

好きな刺身5枚

★醤油 大さじ1

★砂糖 小さじ1

きゅうり 1/2本

大葉 10枚

(肉巻き)

牛肉こまぎれ 150g

⭐︎醤油 大さじ1

⭐︎砂糖 大さじ1/2

白胡麻 小さじ1

ごま油 大さじ1

アボカド 1/2個

すし酢 大さじ1

貝割れ 1/2パック

作り方

1、炊き立てのご飯にすし酢を少しずつ切るように混ぜて、粗熱をとる。

2、きゅうりはスティック状に縦に切る。アボカドは食べやすい大きさにスライスし、すし酢をかけておく。

3、刺身は半分に切り、★をよく混ぜて漬けておく

4、フライパンにごま油を入れて中火に熱し、牛肉を入れて炒める。しっかり火が通ったら、⭐︎を入れて混ぜながら煮詰め、最後に白胡麻を振る。

5、寿司用海苔の半分に、すし飯を薄くのせ、具を放射状に乗せて、くるっと巻く。

ポイント

1、お米が熱いうちにすし酢を混ぜることで、味が馴染む!

2、刺身に先に味をつけておくことで、食べやすくなる

3、アボカドは変色防止にすし酢をかけておく

ぜひぜひ作ってみてください!

飲むお酢についての記事を監修しました。

飲むお酢についての記事を監修しました。

ROOMIE様の「かいサポ」というメディアで、「飲むお酢」についての記事を監修させていただきました。

かなり濃い内容になっています。ぜひご覧ください。

ノンアルとしても優秀。シャンパンやハイボールみたいな「飲むお酢」を試してみない?

お酢は、体にいいから我慢して飲んでる、といった方もいらっしゃると思いますが、今は多種多様なお酢が販売されています。

甘いお酢が苦手な方、酸っぱいのが苦手な方、よりヘルシーなものがいい方、さまざまなニーズに応えられるとっておきのお酢を紹介しています。

みなさん、好みのお酢が見つかるきっかけになると嬉しいです!

川添酢造のお酢は紹介できませんでしたが、もちろん飲むお酢としておすすめです!「飲むお酢ゆずジンジャーシロップ」などいかがですか??

お料理コーナー出演【甘酒チーズケーキ】

お料理コーナー出演【甘酒チーズケーキ】

昨日は、NBCの夕方の情報番組Pint出演の日でした。

お雛祭りの日、ということもあり、甘酒を使ったデザートをご紹介しました。

罪悪感ゼロ!砂糖不使用の甘酒チーズケーキ!

甘酒チーズケーキ。お雛祭りと言うことで、ちょっとめでたく見えるようにイチゴとセルフィーユを飾りました。
ひな祭りの日だったので、桃色で可愛く仕上げました。

このチーズケーキは、数年前に地元のコミュニティカフェで、週一の「酢屋ランチ」をしていた時に、試行錯誤してデザートとして出していた人気メニューでした。

当時は、小麦粉無しのレシピにして、バットで焼いて、すくってお皿に盛り付けていた柔らかめのチーズケーキでした。

形を整えたい時には、小麦粉を少量入れて、しっかり目に仕上げます。今回のレシピには大さじ2の小麦粉を入れています。

冷凍ブルーベリーを入れて焼くのもおすすめです。

甘酒で作ると、少し酸味が足りなく思うので、お酢を使っているのもポイント!もちろんレモン汁でもいいのですが、お酢を使うとお酢の旨味が加わるので、味に深みが出ますよ!

昨日のピントレシピは、生放送なのですが、リハーサルでも同じように焼きます。リハーサルで盛り付けるときに、用意しておいたケーキが冷蔵庫から出して時間が経ったためか少し柔らかくなっていて、うまくカットできず、本番にうまくできるか焦りました。

ドキドキしながらの本番直前、アナウンサーの豊崎さんに「柔らかくてうまく切れなかった時にはフォローお願いしますね泣」と言って、スタート!

いろいろハプニングはありつつのいい調子で最後の盛り付けに。

包丁を通した瞬間、うまく焼けて(から冷やされて)いたことがわかり、綺麗な切り口が出現!!まわりで見ていたスタッフの皆さんも安堵の笑顔。

無事に本番が終了し、この笑顔↓

切り口の美しさと、緊張からの開放で嬉しくてたまらないw

終わったスタッフの皆さんのために、賄い制作。

全部無くなりました。

みんさんも、ぜひ甘酒チーズケーキ作って見てくださいね!