糸島の「またいちの塩」へ

糸島の「またいちの塩」へ

先週、糸島の「またいちの塩」様に、川添酢造スタッフ研修として見学に行ってきました。


またいちの塩様では、川添酢造のお酢を使ったコラボ商品を開発したご縁で、お味噌作り教室をさせていただいたり、お酢をショップで販売してくださっていたり、とてもとてもお世話になっています。
わたしたちの生活に欠かせない調味料、塩の製造過程や、糸島という地域に根ざした会社の取り組みを学んできました。

美しいロケーションで、惚れ惚れする海、が仕事場なんて。

またいちの塩様は、20年前から糸島の美しい海の海水を汲み上げて、「立体式塩田」という方法で塩を作っています。
竹を逆さに吊るして、そこに海水を少しずつ流し、時間をかけて少しずつ濃縮させます。10日ほどかけて太陽の光と風にあてられ濃縮した海水を、3日ほどかけて釜で焚きながらさらに濃縮していきます。

10日くらいかけて濃縮していきます。


その頃になると、濃縮された海水の中に溶けきれなくなった塩が現れてきます。
そこでにがりを適度に遠心分離させて、塩を分けていきます。
そのできた塩から、不純物を取り除く、などの丁寧で細かい作業がなされて、ようやく製品の塩が出来上がります。約1ヶ月の工程だそうです。

3日ほど焚きます。

塩は、海水を乾かしさえすればできる、と思っている方も多いと思いますが、乾かすという作業ひとつでも、方法はたくさんあり、そこにこだわりと愛が詰まっています。
またいちの塩様では、薪を使って塩を焚いているのですが、薪の火の保温性が塩の味に関わってくるそうです。ゆっくりと冷めて行く過程でしか現れない味があったり、気温湿度の条件が揃わないと出ない味があったり、工程を変えて、味覚への乗り方を変えたり、自然と共にある塩作りの愛とこだわりが深く伝わってきました。

工場長様が詳しく説明してくださいました。

また、海水を汲み上げる場所もこだわっており、またいちの塩様のとったんがある場所は、素晴らしい自然に育まれたミネラルの多い海を選んでいます。

真ん中が工場長様です。

会社一丸となって、海のビーチクリーンに取り組んでいたり、SDGsに取り組んでいたり、見習うことばかりの素晴らしい生業を見せて頂きました。昔ながらの方法の素晴らしい部分を守り、同時に未来の糸島の自然や暮らしを守るための先進的な取り組みもされていて、感動しました。

とったん小屋から25分くらい離れた場所にある、またいちの塩様のカフェや商店が集まっている「新三郎商店」へ行き、「ごはんやイタル」で食事とデザートなどをお腹いっぱい食べて、新三郎商店で塩プリンなどを買って、帰途につきました。

ごはんやイタル
定食のサラダ
おむすび定食
おむすびの塩気が、米の甘みを引き立てるんですよね。米は甘くなるまで噛む派なので、人一倍食事に時間がかかります。

またいちの塩の皆様、見学させて頂き、本当にありがとうございました。
わたしたちも、愛情と手間ひまかけてこだわりの酢、味噌などを作っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

何気ない食品にも、作り手と作っている場所があります。
作っている人の情熱、作り方のこだわり、作っている地域の光や水や風や土を知れば、さらに味わい深いものになるかもしれません。
商品を手に取った時、その商品の持つストーリーを、ちょっと想像してみませんか?

初めての調味料『山葵油』

初めての調味料『山葵油』

初めての調味料を使うのって、ワクワクしますよね!

わたしは調味料好きなので、とにかく食べてみます。

今日初めて出会った調味料は『山葵油』

おしゃれなデザイン!レトロ感が好みです!
箱も素敵。

この調味料、どこで出会ったかと言うと、川添酢造の商品の納品でお世話になっている、福岡県糸島のまたいちの塩さんで販売されていたので、納品に行った弟にお願いして買ってきてもらったのです。

山葵油は、鳥取県の西河商店さんという会社で作られています。

名峰大山の清流で日々丹精を込めて育てられた上質なわさびを使い、米油で仕立てた調理オイルです。カルパッチョやサラダはもちろん、焼肉や乳製品にも合うとのこと。

さっそく、香りを確かめると、山葵のつんとした香りに、鼻の奥がすっとなりました。

今日はとっても暑い日だったので、ちょっとさっぱりとしたお酢料理が食べたいと、川添酢造の純米酢を使って甘酢だれを作り、豚と茄子の焼き浸しを作りました。そこに山葵油をひとかけ。

コチュジャンや鷹の爪で辛く仕上げるのも好きですが、今日は山葵油を堪能するため、薬味も控えめに。

山葵のつんとする香りが鼻の奥にス〜っと通って、清涼感がまずあるのですが、オイルのこくがしっかりあるので、お酢のさっぱりした味に旨味の奥行きを出してくれていました。とっても美味しかったです!

山葵油の商品についていたパンフレットにとても心に残る言葉が。

「いつか産地に旅したい」

「いつか産地に旅したい」と感じていただけるモノづくり。

今はインターネットを使いポチリで地球の裏側の商品も気軽に買える時代ですが、一つの商品を手に取り、その商品の素晴らしさと作り手の想いに感動した時に、産地へ行ってみて原料に触れたり、その土地の空気を感じてみたり、作り手さんに会って話してみたい、と思います。

そのような商品を作っておられる西河商店さん、産地へ旅をしてみたくなりました。

川添酢造も、雪浦に行ってみたい!と思われるような魅力的な商品を作っていきたいと思いました。

かんさい情報ネットtenのお酢特集に出演します。

明日、15日金曜日に、関西で放送される、かんさい情報ネットtenという情報番組に出演します。

お酢の特集の中で、お料理初心者でも、お酢の苦手な人でも、簡単に作れて体に良いお酢料理を紹介します。

今回初めてリモートで自宅から収録させていただきました。

お料理初心者の岩原アナウンサーが、挑戦したお酢料理のお味やいかに!?

ぜひみなさん観て見てください!!

自宅での撮影には、心強いサポーターが(夫です)

キッチンの一区画でリモート収録しました。中はあったかそうな雰囲気ですが、外は長崎数年に一度の大雪の日でした。撮影前には子供と雪合戦しました(笑)

岩原アナ、とても気さくで楽しい方でした!ご一緒できて光栄です!!

長崎ではリアルタイムで観ることはできませんが、かんさい情報ネットtenのサイトから過去の放送が観られるようになっているので、そこで観たいと思います。

もし観てくださった方は、ぜひ感想を教えてください!!

かんさい情報ネットtenのWEBサイト→https://www.ytv.co.jp/ten/

明けましておめでとうございます。

久々のブログです。

すこぶる元気だったのですが、コロナのニュースとともに変化に対応する毎日で、落ち着かずあっという間に年を跨いでしましました。

昨年は、メディアにもいろいろ取り上げて頂いたり、出店したり、とても楽しい仕事をできました。ぼちぼちアップしたいと思っています。

さて、昨日の雪浦は近年まれに見る大雪でした。

全部雪のせいにして、仕事もストップして思いっきり遊びました!

雪、さいっこう!!!!!!

川添酢造前です。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

仕事と子育ての忙しい時期にブログをほったらかしてしまいました。

また、新年からぼちぼち綴っていこうと思います。

書いていない間も、酢屋や、レシピなど、溜めていたので、少しずつアップしていこうと思います‼️

今年もよろしくおねがいします。